院長からのご挨拶

花

急性期治療を担う基幹病院では入院期間の短縮が求められ、一方、高齢化で自宅復帰までの時間が長期化しています。そのため、急性期病院からの転院を受け入れ、リハビリテーションをして安心して自宅に戻れるようにする病院が求められています。その社会的要請に応じることが、当院の主たる業務です。また、透析設備があり、透析患者さんの入院、通院も可能です。

当院には、経験豊富な整形、脳神経、消化器、呼吸器の各外科医や、内科医が常勤しており、糖尿病、高血圧症などを合併している手術後の患者さんや脳卒中後の患者さんにも、安心して入院していただけます。また、訪問サービス(リハビリテーション、看護、栄養・薬剤指導)や医療相談員(社会福祉士)による退院後の療養生活の支援を行っています。

軽症の内科救急患者を受け入れ、地域医療にも取り組んでいます。肺炎、脊椎の圧迫骨折などでも、高齢者では、入院が長期化し在宅復帰が困難になりがちですが、当院では、治療するとともに、生活機能の回復のためのリハビリテーションを行い、早期に自宅復帰していただいています。

健診などの予防医学も行っています。
お気軽に当院を御利用ください。

院長稲田 啓次