理事長からのご挨拶

花のイラスト

日野病院は、2016年12月1日に増築いたしました。病床数は104から199に増えました。診療科として、「専門」の需要に応えるため、循環器などを増やしました。特別な手術のような高度医療を提供することは考えていません。理念はむしろ優しく親切な医療の提供、一日も早い回復を、と考えています。少子高齢化社会を迎えて医療の提供だけでは満足していただけません。介護機能、在宅機能、予防機能も一層の充実が求められています。

求められている機能が多種多様になって複雑なものになりました。人間は単なるたくさんの部品の集まりではありません。求められているのは、機能だけでなく、その最適な物を組み合わせて提供しなければならないと考えています。

提供できるサービスは新しいものなので、かつてからある古い業務との擦り合わせも必要です。そのとき、何より職員のチームワークが課題だと思います。病床が増えると職員も増えます。職員の繋がりを大切にして私たちの提供するサービスが血の通ったものになるように、またサービスとサービスの谷間に落ちる方を出さないように、という目標を掲げています。

平成28年12月1日 理事長 日野 頌三